ポスト全体像

  • Vagrant設定メモ
  • rbenvのアップグレードメモ
  • chefインストールメモ

Vagrant boxの追加

今回は Centos 6.5 の追加。

$ vagrant box add centos6.5 https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.5.1/centos65-x86_64-20131205.box

sshを楽に

hogehogeは好きなホストネームで。

$ vagrant ssh-config --host hogehoge >> ~/.ssh/config
$ ssh hogehoge

プロビジョニング

1点だけ注意で vagrant up によるプロビジョニングは初回のup時のみとなる。 ちゃんとマニュアルは読まないとダメ。

Provisioners are run in three cases: the initial vagrant up, vagrant provision, and vagrant reload –provision.

rbenvで入れるrubyバージョンの更新

// インストールできる一覧を確認して、
$ rbenv install -list

// 欲しいバージョンがなければ、ruby-buildを更新
$ brew upgrade ruby-build

// 新しいのが出るのを確認して
$ rbenv install -list

// 欲しいバージョンをインストール
$ rbenv install 2.1.1

// インストールしたバージョンがある本当にあるか確認
$ rbenv versions

// システムで使うバージョンを設定
$ rbenv global 2.1.1

// 仮にバージョンが変わっていなければ、 .zshrc あたりを見なおす
$ vi ~/.zshrc

eval "$(rbenv init -)"      // 左記を追加

Chef, knife-solo インストール

$ knife configure
ERROR: Ohai::Exceptions::DependencyNotFound: Can not find a plugin for dependency os

となったら、今のバージョンはNGなので、古いバージョンに落とす。

$ gem uninstall knife-solo
$ gem uninstall chef
で一旦消して、
$ curl -L https://www.opscode.com/chef/install.sh | sudo bash -s -- -v 11.10.4-1
$ gem install knife-solo

すればOK。

JekyllのPost作成

Postを作るときは、新規にファイルを作ってもいいけど、rakeコマンドを使ったほうが楽。

rake post title="タイトルをここに

jekyll serve時のエラー対応

$ jekyll serve
YAML Exception reading example.md: invalid byte sequence in US-ASCII

となってしまったら、システムエンコーディングを変えればOK。 具体的には.zshrcに以下を追加。

export LANG=ja_JP.UTF-8

あと、自動リロードしたいときは--watchを付与すること。

git落ち葉ひろい

Github上のリモートブランチを消すときは、Pull Requestがマージされた後に

// masterブランチにいる前提で
$ git fetch origin
$ git merge origin/master
$ git br -d hogebranch
$ git push origin :hogebranch

ポイントは最後のコマンドで、実は記載が省略されていて本来は、 $ git push origin localbranch:remotebranch という意味なので、今回は空のブランチをリモートのブランチにPushすることで、 結果的に削除するという流れになる。