はじめに

WebRTCを触ってから少し時間が経つと、P2Pの通信だけでなく、より接続確率を高めるためにTURNを利用する人も増えてくると思う。 TURNは自前で建てても良いし(AWSなどの場合は、転送量課金に注意)、Turn as as Service(例えばXIRSYSなど)を使ってもいい。また、SkyWayもTURNも提供している。

いずれにせよ、どの手段を使ったとしても、TURNを利用することができる。利用は簡単で、JavaScriptであれば以下のオプションを利用してあげるだけだ。

let configuration = {
iceServers: [
{urls: "stun:1.2.3.4"},
{urls: "turn:5.6.7.8", credential: "secret", username: "yourusername"}
]
}

問題となるのは、TURNを実際に利用するためにはどのようにすれば、どのように試験すれば良いのか、という点だ。試験方法は大きく2つある。 以下で試験方法2つについて解説する。

試験方法その1(TURN単体のテスト)

注:”試験方法その1”は、自前でTURNを構築した人向けの方法であり、自前で構築していない場合は、”試験方法その2”から確認いただきたい

Turnの定番実装である、rfc5766-turn-servercoturnは、turnutils_uclientというツールを配布している。

これを公式ページ上の手順にしたがってインストールして、ローカルなどからテストしたいTURNサーバに対して、以下のように実行すれば良い。

$ turnutils_uclient -t -p PORT_NUM -u 'yourusername' -w 'secret' YOUR.TURNSERVER.DQDN
  • -tはclientとTURNサーバ間をTCPに(デフォルトはUDP)
  • -pはポート番号指定
  • -uはユーザ名指定
  • -wはパスワード指定

これで、TURN単体の動作が上手くいっているか試験できる。

試験方法その2(E2Eのテスト)

単体で上手くいっていたとしても、エンドツーエンドで上手くいっているとは限らない。そのため実際にブラウザを2つ並べて試験したくなる。ここでの問題は、何も考えなしに試験をしてしまうと、TURNではなくP2Pで接続されてしまうという点だ。

いくつか試験方法はあるが、今回はMac OSやLinuxで利用できる pf コマンドを利用した方法を紹介する。(なお、MacはEl captitanのより前のバージョンでは、ipfwが利用できたが、El Capitanからはpfのみになっている)

pf は一種のファイアウォールのような機能を提供していて、任意の条件のパケットの通過・遮断を制御できる。ここでは、WebRTCの試験向けなので、特定のホスト向けのUDPを全遮断するケースを書いてみる。検証に利用しているのはMac OS(El Captain)だ。

1. pf用のコンフィギュレーションを修正する

Macでは、pfの設定ファイルは、/etc/pf.confに保存されている。

$ sudo vi /etc/pf.conf

# 以下を最終行に追記 (X.X.X.Xは試験対向のIPアドレス)
block out log proto udp from any to X.X.X.X

これによって、X.X.X.X 宛てのUDPパケットは全てブロックされるようになる。結果としてUDPホールパンチングが通らず、P2Pの接続は確立できない。

block行にあるlogは、ブロックしたパケットのログを別の手段で確認するための設定だ。本記事では解説しないが、詳細はコチラを参照いただきたい。

2. コンフィギュレーションの反映

さきほどのステップで修正した内容を反映する。操作は pfctl コマンドから実施できる。

$ sudo pfctl -f /etc/pf.conf

もし、何らかのエラーが出ている場合は、コンフィギュレーションを見なおす。

3. pfの有効化

さきほどのステップでの反映が済んだら、実際にpfの操作を行う。

# 有効化
$ pfctl -e

# 無効化
$ pfctl -d

実際にWebRTCでのUDPが遮断されているかチェックするには、P2Pでのメディア/データ接続が確立されている状態で、 pfctl -eを実行してみれば良い。音声・映像はその時点で停止するはずだ。(また chrome://webrtc-internals などでは、ICE状態が disconnected になっているのが確認できる)

この状態で、適切にTURNが設定されており、かつWebRTCアプリケーションにもIceServersが適切に設定されていれば、TURNによる接続となる。あとは、Chromeであれば chrome://webrtc-internals から、Firefoxであれば about:webrtc から、どの候補が通信に利用されているか確かめれば良い。

まとめ

本記事ではWebRTCにおける、TURN単体のテスト方法、およびE2EでのTURNテスト方法を述べた。